鹿児島を「魅力あふれるまち」にするにはどうしたらいいのだろう

地図を見るにはクリック
いつ:
2019年9月16日 @ 10:00 AM – 1:00 PM
2019-09-16T10:00:00+09:00
2019-09-16T13:00:00+09:00
どこで:
サンエールかごしま4階(中研修室1・2)
鹿児島県鹿児島市荒田1-4-1
料金:
無料
鹿児島を「魅力あふれるまち」にするにはどうしたらいいのだろう @ サンエールかごしま4階(中研修室1・2)

See below for guidance in English
この企画は(公財)鹿児島市国際交流財団とNPO法人若者・留学生サポートステーション響の共同企画にて実施されます。本登録は以下のURLからお申込みください

お申し込みはこちら


鹿児島を「魅力あふれるまち」にするにはどうしたらいいのだろう?

住んでいる人にとって「住みやすいまち」であり、観光客にとって「再び訪れたい鹿児島」になるには、私たちに何ができるのだろう?

重要なのは、行政任せにすることではなく、住民1人1人がアイデアを出し合い、「今、わたしたちにできること」について考え、小さなことから実践していく能力を培うことであると考えています。

多様性を考えたまちづくりは、誰もが住みやすいまちになります。外国人と日本人が共同し、鹿児島の未来について語り合う場「多文化共生社会におけるシティプロモーション会議」を開講します


多文化共生社会におけるシティプロモーション
~多様性を尊重したまちづくりについて当事者と共に考える~

第1回(9月16日)
テーマ:多様性社会で大切なこと
ワークショップを通し「相手の立場にたつということ」について考えます。在住外国人講師の「困難体験」を聞き理解してもらうことで「住みやすいまちづくり」を目指します。

講師:牟田京子
鹿児島純心女子大学助教
NPO法人若者・留学生サポートステーション響代表

外国人サブ講師5名

第2回の予告
イスラーム理解と私たち「鹿児島」ができること

第3回の予告
「食」を通して理解する「イスラーム」


What should I do to make Kagoshima “Attractive city”?

This project is a joint project of Kagoshima City International Foundation and NPO corrporation Youth and International Student Support Station Hibiki

Apply for this registration from the following URL

https://www.kokuchpro.com/event/1cdadf04adf540e1986e727479393ac4/

What should I do to make Kagoshima “Attractive city”?

What can we do to be a “Livable Town’”for those who live and to be a “Kagoshima I want to visit again’” for tourists?
The important thing is not to leave it to the administration, always.
Each resident is to share ideas and think about what we can do now.
And we think that it is to cultivate the ability to practice from small things.

The town development that considered diversity becomes a town where everyone can be comfortable town to live in.

We will hold a “City Promotion Conference in a Multicultural Society” where Non-Japanese and Japanese can share and discuss the future of Kagoshima.
City promotion in Multicultural Symbiotic Societies
〜 We think about the town development that respected diversity with the
related party ~

The first (16rd/ September)
Theme: Important things in a diversity society

We want you to understand the difficulties experienced by the resident non-Japanese teacher. From there, we aim to create a livable city.

Speaker: Kyoko Muta(牟田 京子)
Kagoshima Immaculate Heart University
NPO corporation Youth / International Student Support Station
Hibiki Representative

Non-Japanese sub-assistance teacher:

The number of participants:20
※ DON’T FORGET※ DON’T FORGET
※ You apply using Kokuchiizupro(こくちーずプロ)

https://www.kokuchpro.com/event/1cdadf04adf540e1986e727479393ac4/

There is a limit on the number of people. Please cooperate.  Participation is OK for both Japanese and Non-Japanese,
Participation fee: Free (with sweets and drinks)
Place: 4F Sun Yell 場所:サンエールかごしま4階(中研修室1・2)

Organizer:
Public Interest Incorporated Foundation
Kagoshima International Exchange Foundation
NPO corporation Youth / International Student Support Station Hibiki

The second lecture notice
Theme: Understanding Islam and what we “Kagoshima” can do

The third lecture notice
Theme : “Islam” to understand through foods