【09/29】さつま揚げをつくろう/’Satsumaage ‘ Local cuisine of Kagoshima

詳細

お申込みはこちら

9月の日本料理教室では鹿児島の郷土料理「さつま揚げ(つけあげ)」を作ります


薩摩揚げ(さつま揚げ)は、魚肉のすり身に塩・砂糖などで味付けし、形をととのえて油で揚げた日本の伝統的料理です。

丸形・角形など形は様々で、ゴボウ、イカ、ゆで卵などの素材を包み込んだものもあります。

今回は、いちき串木野の港で水揚げされた魚をすり身に加工した材料をつかい、みなさんで材料を切り、混ぜ、油であげていきます。

完成品はやわらかく、甘さがある美味しいさつまあげになります。

今回は技能実習生のかたがサポートとして入ってくださいます。技能実習生制度に関心があるかたもぜひ足を運ばれてみませんか?

今回は材料に「お酒・豚(調味料として)」が入ります
※イスラム教徒の方には大変申し訳ありません
参加費について
通常、食のイベントでは活動資金にあてるため1500円~2000円いただいております。しかし、今回は「日高水産加工有限会社」様から食材提供・技術提供がありましたので無料でご参加頂けることになりました。(当日は、活動へのご寄付をお願いしております)

ご協力

講師:日高 顧勝さん
助手:技能実習生の皆さん
所属:日高水産加工有限会社
食材・技術提供:日高水産加工有限会社